初めての新規開発で失敗したこと

社会人2年目のころ、初めて新規開発を担当することになりました。
ずっと運用業務(コーディング担当)だったので、嬉しくて張り切っていました。
しかし、うまくいかなかったことが多く、反省ばかりなので久々に振り返ってみます。

すべてをカンペキにやろうとした

全部キレイに統一しようとしました。
しかし全体を確認して進める余裕はない状況。
そのため最初の設計が重要ですが、経験値が少なくパターンを考えることができませんでした。
間違いに気付いても、大きい案件だったので途中で直すことができませんでした。
正直いうと、直してましたが。。終盤で気付いたものは、さすがに止められました。

最初は失敗するもの。仕方ない。
と思えたら良かったのですが、当時はそんなこと思えなかったですね。

小さなことでも、疑問を解決しなかった

途中で全テンプレに入れないといけないものが発覚しました。
小さなことだったので、対応はすべて自分でしたのですが
気になっていたことを放置すると大概そうなります。

具体的に指示しなかった

画面数が多かったので、複数人に作成依頼を出していました。
しかし、見本も具体的な指示もほぼなかったのでDOM構造がバラバラ。
当然のことなのですが、そんな考えにも至らなかったです。

基本的なモジュールは組むなど、何かしらの基準を作るべきでした。

関係性が築けていなかった

気軽に聞ける関係性を作れませんでした。
それが重要であることすら知らなかったのです。
仲良しこよしが良いという訳ではなく、ちゃんと疑問を解決していける良い関係性が必要です。

まとめ

経験値不足が多く、基本的なことばかりです。
しかし今思うと、これがあっての自分だなと感じられます。
一度で学ぶことができない凡人ですが、少しずつでも日々精進。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です