初めてのプロジェクトマネージャで大失敗した時のこと

数年前、初めてプロジェクトマネージャを任されました。
それまでプロジェクトマネージャだった方が昇進し、いつも一生懸命取り組んでいた私の姿勢が評価され、抜擢されました。

評価されたこと自体はとても嬉しかったのですが、マネージャなんて考えた事もなく、当然知識もありませんでした。
改めて、なぜ失敗したのか考えてみようと思います。

いきなり理想形を目指した

私は夢を見ていました。
いきなりコスト最大限の理想形を目指すと言い出したのです。

課題は一体何なのか?
それを満たすソリューションは何なのか?
優先順位は何なのか?
そんなことを考えもせず、とにかく理想形でなければいけないと思い込んでいました。
プロジェクトを進める上での必要なステップが、丸ごと抜けていました。

メンバーに高いスキルを求めた

メンバーみんなに、一番できる人くらいのスキルを求めていました。
当然できないというか、それが当たり前なのですが。。
受け入れられず、悩んだり怒ったり。

チーム力を見極め、できることに抑えていくべきでした。

批判を嫌がった

メンバーからの批判を嫌がり、コミュニケーションを最小限にしていました。
批判されないように入念に理論武装していたので、偏った思想で かつ進みも遅くなっていました。

もっと柔軟に意見を取り入れていけば良かったのに、心が弱くできませんでした。

まとめ

こうあるべきに囚われていたばっかりに、あまりにも視野が狭かったです。
問題点はいっぱいあったと思っていましたが、まとめてみるとそんなことはなく。
次はきっと、もっとうまく進められる。そう思えました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です