すぐに活用できるNLP理論!対人/自身へのコミュニケーションを変える

雑記

NLP理論って聞いたことある方も多いのではないでしょうか。
神経言語プログラミング(Neuro-Linguistic Programming)の略です。
カウンセリングにも用いられているコミュニケーション理論で、言語学と心理学を効果的に組み合わせたものです。
対人関係だけではなく自身に向けてのコミュニケーションに活用できます。それぞれ活用できそうなポイントを書いていきます。

対人関係

メリットとして、信頼関係を築きやすくなります。
ヒトは安心安全を求める生き物です。これは生きるか死ぬかの時代に組み込まれた本能で、自分と近しい=仲間といることで生存の確率が上がったのです。
そのため「同じ人間=仲間だから、安心していい」と思ってもらうことが大切。
これからお伝えする3つの手法も、それを目的としています。

ミラーリング

相手の動作や姿勢、表情などを似せていくもの。
相手に分かるほどぴったり同じ動きをすると、バカにしていると思われ逆効果なので、相手がその動作をやめたら同じ動作をする。くらいのタイミングがほど良いです。

ペーシング

相手の話し方や状態、呼吸などのペースを合わせること。
ゆっくり話す人にはゆっくりと、早口の人はそのように。その人に合った話し方をすると近しい存在と思ってもらえます。

バックトラッキング

いわゆるおうむ返しのこと。
ちゃんと話を聞いていることを伝えられます。
また、相手にとっても発した言葉の再認識に繋がります。
これもやり過ぎは禁物。重要なワードを繰り返してあげると効果的です。

自身に向けて

メリットとして、苦手やツラいことが減らせます。
出来事それ自体は無色透明で、印象や感情をつけているのはその人次第なのです。
例えば犬がいるとします。それに対し、ある人は「可愛い」と思い、あると人は「昔噛まれたから怖い」と思います。
事実は変わらないが、人によって印象が変わるわけです。
これを”プログラミングされている”と言い、そのプログラミングを変えることで印象が変えられます。

リフレーミング

捉え方を変えること。
もっと広い視野で見たらどうなるだろう?とか、失敗したけど学びと捉えよう、とか。捉え方を変えるだけで全く違ったものに感じられます。

サブモダリティ・チェンジ

五感の質を変えること。
印象はイメージに過ぎないので、頭の中で自由に編集できます。
例えば私は、ヘビが苦手で、考えるだけでぞわっとするのですが… それを五感を持って編集していきます。例えば背景を明るくポップにしてみるとか、花柄にしてみるとか遠くにいるように考えてみるとか。。
それだけでちょっと苦手意識は減っていきます。

すぐに活用できるNLP理論でした。
以下を参考にしたので、ご興味のある方はどうぞ。

マンガでやさしくわかるNLP
※マンガ部分は圧倒的に少ないので注意

日本NLP協会
https://www.nlpjapan.org/nlp.html

人生観を変える – 本を効率的に摂取する5つの方法

本

たくさんの本を読むと人生観が変わると聞き、本好きも高じてたくさん読もうと思っていました。
同時に、本は1トン読めという言葉を聞きました。元ヤフー社長の宮坂学氏のお言葉です。

具体的な数値って分かりやすい!といことで、1トンはどれくらいか計算してみました。
手元にあるソフトカバー文庫本3冊を測ってみたところ、紙一枚の重さはおよそ1g(内約:235g = 480p、185g = 352p、344g = 704p)なので
1t = 1000000g = 1000000p
1冊500pとすると、2000冊
速度はまちまちなので、日本人の平均年間読書本数を調べると12,13冊とのことなので、
2000/12.5=160
え、160年…?
という現実に直面し、今の自分の読み方の改善施策しました。
スピードをあげようと思い、速読を試みましたがどうも頭に残らない(速読をちゃんと身につけると頭に残るそうです)
また、ページ数を伸ばすことに特化しても、得たい効果は得られません。
そこからいろいろと試し、私にとって効果が高いと思った方法を紹介します。

1. 読まなくていいものは読まない

根本的な時短です。時間を有効に使うためにも、読まなくていい本は読まない。
口コミやもくじを見て判断しており、それでもちゃんと本で読みたいもののみ読みます。
概要でいいと思ったものは要約サイトで読みます。調べてみると案外あるのでおすすめ。

2. 正しく流し読みする

本の全ページが必要ではありません。
本の中で、重要なことって1割ほどと思っています。
それが得られれば本分です。
全部を読もうとすると苦しくなるので、知りたいところだけ、重要だと思うところだけ摂取するのがおすすめ。
事例など例えを多用する本がありますが、それは理解を深めるためのもの。例えがなくとも理解できたのであれば読み飛ばしてOK

3. 読みながらメモを残す

良いと思った本も、内容を忘れてしまっては意味がないです。
かといってまた読み返すのは手間なので、重要と思ったところはメモしています。
ちなみに最近はiOSのメモを使っています。Mac使いなら、PCでもスマホでも編集できるので便利。以前はEvernoteを利用していましたが、端末制限がされてからもっぱらメモを利用しています。

4. 読む本の計画を立てる

読む本を期限つきで決めることで、より効率的に摂取できます。
しっかり読めているかどうかの軸になります。

また、何も考えないでいると、つい好きなジャンルの本ばかり手に取ってしまいがちです。
あえて自分の広がりをもつために、そこまで興味がない分野も数冊計画に入れておきます。全く興味がないと読めないので、自分の好きなジャンルの隣のジャンルくらいがよいです。

5. 入手ルートを考える

こんなに多く読むとなると、家に本がいっぱいになるしお金もかかる。
その対策として、図書館を利用します。図書館にあるものは必ず借ります。その図書館になくても、取り寄せることはできます。
ここからは好みですが、それでもないものは電子書籍で買います。いつでも読めるので。
それもなければ紙を買います。紙で買えば、売ったり貸したりできるので便利ではあるのですが、個人的には売りにいくのが面倒でつい電子書籍にしてしまいます。

以上が、私が試して効果があったと思う5つの項目です。
ちなみに、自分の経験だけでさぐったものもありますが、以下の本も参考にしています。

マンガでよくわかる 教える技術

本

伝え方って難しいなと思っているので読んでみた。

やらないことリストというのは新しい。
わかるとできるは違う、というのも確かにと。

叱った後に、こうしほうがいいんかないか、と伝えるのが
フォローとして紹介されていて目から鱗。

仕事の全体像と組織の中でも位置付けを伝えるというのは
やる気につながるので意識しようと。

アジャイルサムライ――達人開発者への道

本

アジャイルの概念をちゃんと学ぼうとしたときに勧められた本。

基本的なプロジェクトの回しかただけではなく、
ツールがいろいろと紹介されていておもしろい。

事前に失敗しそうなありとあらゆることを紙に書き出し、
それをどうしたら防げるか真剣に考える。
これは本当に良さそう。やれば良かったと思うくらい。
メンバが考えていることが見えてきそう。
機会があればやってみよう。

入社1年目の教科書

本

当たり前といえば当たり前だけど、できていない部分もあった。健康とか。なぜか不健康がかっこいいみたいなのはやめよう。

著者は営業の方だったけど、基本的に誰にでも身になる話。学ぶところが多い。
社会人なりたての子に勧めたい。
一緒に働いていて楽しいかは凄く重要だし、自分もそうなりたい。

たった一言で部下を成長させる技術49 やる気をかき立てる一言、シラけさせる一言

本
なかなか使えそう

部下に考えさせるやり方はいい
そういう時、どうしたらいいと思う?とか、どうしてだと思う?
今まで答えを言ってしまっていたけど、そこが良くないと再認識

忘れることが多い子にも、なぜやると思う?を実践してみると
話を聞くようになった気がする
今度は、自ら考えられるようにしていきたい。

「空気」で人を動かす

本

人を変えるのではなく空気を変える。
環境を作ることで人は動くようになる。

間違っていることをはっきり言える空気も大切。
やっぱり言えない雰囲気ってあるよね。

そして過剰承認もよくない。頭が根腐れするから。

もっともなお話でした。

これも修行のうち。 実践!あらゆる悩みに「反応しない」生活

本

反応しない練習を書いた草薙龍瞬さんの本。

より生活に取り入れやすいことが書かれている。
シャワー禅とかちょっとおもしろい。

嫌なことが浮かんだら、目を閉じて、これは妄想である、と確認。目を開いてリセット。
これ、本当にやってます。すっきりする。
目を開いた瞬間に光が入ってくると、これが現実だ!と感じられる。

自分に納得できる
自分によしと言える心境って究極のゴールかも
本当そうだな

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

本

本当にいい本だったので何人にも勧めている本。
私のことを知ってるの?というくらいあてはまる。
とても心が軽くなる一冊。バイブルです。

ブッダの考えを伝えている本で、
これでブッダが好きになって手塚治虫さんのブッダ読んだ。
仏教って宗教というより哲学。

入信するというわけではなく、普段の生活でもできる
心構えというか、ちょっとした考え方が書いてある。

焦って生きていると苦しくなったりするけど、
心は求め続けるもの。心ってそういうもの。
という言葉で落ち着いた気分になれた。

自分が納得できることを基準に、生きていきたい。