Sidecar と 液タブ を比較してみる

Photoshopで絵を描くにあたり、SidecarでiPad使うのと液タブ(Wacom One)使うのどちらがいいのかなと思い 比較してみました。

結論としては、一長一短あるなぁというかんじです↓

Sidecar

前提として、Sidecarを使う場合はMacのメニューバーアイコンをクリックして、接続するiPadを選択すればできます。

画像1

iPadでPhotoshopを表示すると、こんなかんじ。

画像2

メリット
・問題なく使える!遅延も特になし
・サイドバーでシフトなどの選択ができるのが便利
・指で拡大縮小やキャンバスの位置調整ができる

デメリット
・Photoshopのツールバーは指で選択できない。どこができないのか分からなくなってちょっと戸惑う
・PCを起動していないと使えない。Sidecarなので
・本体はお値段は高め

液タブ

Wacom Oneを持っているので、そちらで比較します。

IMG_1771のコピー2

メリット
・ブラシの太さを表示してくれる
・ペンにボタンが1つあり、それにアクションをつけることができる
・横長なので、ツールがあっても描画エリアはしっかり確保
・iPadより安い!

デメリット
・コードが多くて動かしづらい
・HDMIとUSBがつながらないPCだと、別途でマルチポートなどが必要
・電源がないと起動しない
・指での操作はできない

液タブもいろいろあり、高いやつはもっと性能良いので、ここで出ているデメリットはそれでほぼ解決できます。しかし20万とかいっちゃうので、メリットのiPadより安い!はなくなります。

まとめ

結果として、どこのメリデメを重要視するかです。
既にどちらかを持っている場合は、わざわざ買い換えないでも大きな差はないかと思います。
あくまで絵を描くことを目的としているので、iPadが欲しいんだい!という場合はもちろん買ってください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です